元留学カウンセラーが伝える留学会社の選び方や留学業界の全て

留学カウンセラーとして働いた経験から留学会社の選び方、留学業界の実態、自分で留学を手続きするためのヒントなどを紹介しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日加リーダーシップ基金

「日加リーダーシップ基金」というのをご存じですか?
もし、カナダの留学を検討しているのであれば、チャレンジしてみるのを悪くないと思います。


高等教育機関奨学金として100万円もらえます!!
更に嬉しいのは、語学留学でも10万円です。


もちろん、審査や応募条件などありますが、何もしないより挑戦した方が絶対にいい!

よく留学は高いから・・・と最初から無理である認識を持たれる方がいますが、努力すればこのように支援をもらうことができます。その代わりエッセーを提出したり、面接があったり、など大変なことは増えますが、本当にお金の部分だけが問題で本気で留学したいのであれば、このような努力をしても良いのでは?と個人的には思います。

今の収入を何倍にさせる目標に借金をして留学する人もいます。
本気でキャリアアップを考えている人は、借金ではなくて自己投資なんですよね。将来の回収する目標があるからお金も借りることができる。
正規の留学できちんとした証明書を揃えたら、金融機関の教育ローンを組むことだってできます。


留学は高いし、色んな奨学金制度にチャレンジするほどモチベーションないから・・・というのであれば諦めるより仕方ないと思いますが・・・。


下記、「日加リーダーシップ基金」についてです。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 奨学金、キャンペーン情報 | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ELS Language Centers(カナダ・バンクーバー校)

カミリオン・カナダ留学センターさんのウェブサイトにて、ELS Language Centers(カナダ・バンクーバー校)の割引が紹介されていました。

転載元: カミリオン・カナダ留学センター

下記、転載になります。
興味がある方は、上記リンクしてある転載元さんに直接お問い合わせください。

≫ 続きを読む

| 奨学金、キャンペーン情報 | 11:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Bayside International English College(オーストラリア)

Iae留学ネットさんのウェブサイトにBayside International English Collegeの割引情報が載っていました。

転載元:http://www.dengonnet.net/melbourne/machinavi/articles/iae/4873


下記、一部転載いたします。
転載元にはより詳しい情報や学校紹介も載っていますので、興味がある方はそちらをご確認ください。

≫ 続きを読む

| 奨学金、キャンペーン情報 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏休みアメリカ・カナダ留学奨学生募集(留学ジャーナル)

留学ジャーナルさんが、今年の夏休みに「UCLAで寮生活&語学研修」「カナダのトロント大学キャンパスで語学&アクティビティ」の奨学生を募集開始しました。

下記、プレスリリースからの転載です。

≫ 続きを読む

| 奨学金、キャンペーン情報 | 13:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米協会、日本人留学生を緊急支援 1人最高40万円

米教育交流団体、国際教育協会(IIE、本部ニューヨーク)が、東日本大震災で家族などが被災し、学費や生活資金の仕送りに困難が生じた在米日本人留学生への緊急支援制度を設けたことを発表したようです。

転載元: http://sankei.jp.msn.com/world/news/110324/amr11032410320002-n1.htm?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

≫ 続きを読む

| 奨学金、キャンペーン情報 | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。