FC2ブログ

元留学カウンセラーが伝える留学会社の選び方や留学業界の全て

留学カウンセラーとして働いた経験から留学会社の選び方、留学業界の実態、自分で留学を手続きするためのヒントなどを紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語が得意でない人のための留学のコツ(日経ビジネス)

「英語が得意でない人のための留学のコツ~小さなカレッジで良い成績を取るのがおすすめ~」という題名にて掲載されている記事がありましたので、下記一部紹介します。(2011年3月17日記事)

カリフォルニア州立大学名誉教授である吉田 耕作(よしだ・こうさく)さんによる記事になります。
非常に文章量も多いため、下記初めの一部分のみ転載します。
興味をもたれた方は、転載元の原文をご確認下さい。


転載元: http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110307/218880/?rt=nocnt
※転載不可でしたらご連絡ください。早急に削除します。


留学先はアメリカがお勧めだという理由から、実際に留学した時にどのように単位を取得するのが良いかのアドバイスもあり、そして資金面についてのデータもあります。


原文には表も載っていて、非常に参考になる情報もあります。


下記、一部転載をします。


英語が得意でない人のための留学のコツ
小さなカレッジで良い成績を取るのがおすすめ


 今回は少々趣を変えて、留学についてお話をしよう。留学については、この日経ビジネスオンラインでも多数回取り上げられているが、著者の多くはもともと英語への適性を持った方々であったり、極めて若い時から英語を話す機会に恵まれたりする人のお話が多いような気がする。

 私は英語に適性があったわけでもなく、20代も終わりの頃に、しかもあまり日本で英会話を勉強する環境もなかった1965年に米国に留学した。そして、何度か、“もう日本へ帰れ”と言われたりしたにもかかわらず、32年間米国に在住した。その間、大学で教え、幸運に恵まれた結果、米国では1986年から1997年の間に150回以上色々な会議やセミナーで講演した。また、日本と米国の他に7カ国でセミナーをしてきて、いわば英語を生活手段としてやってきた私の人生を振り返り、失敗ばかりしてきた私から見た、留学についてのお話をしたいと考えている。

 現在、就職氷河期と言われ、いまだ就職が決まらない今年3月卒業の大学生が3割ぐらいいると言われている。特に、一流の大学でない場合は、就職はなかなか困難なようである。一方、一流の大学を卒業し一流の会社に就職したものの、色々な困難に出会い、やり直したいという人も多いと聞く。中には大学受験に失敗して、将来どうしようかと悩んでいる高卒の人もおられるかも知れない。いずれにしても、自分が平均以下で世の中を渡っていくのが困難だとか、あるいは、自分は優秀だと思えるのだが、何らかの理由で挫折している人々に向けて、数多くの挫折を体験してきた者が書いた一文を参考にして頂けたらと思っている。



・・・続きは転載元にてご確認ください。
スポンサーサイト

| 留学情報 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ryugakukaigai.blog89.fc2.com/tb.php/217-84306737

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。