元留学カウンセラーが伝える留学会社の選び方や留学業界の全て

留学カウンセラーとして働いた経験から留学会社の選び方、留学業界の実態、自分で留学を手続きするためのヒントなどを紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教師の立場をもっと強くすべき?(アメリカ教育)(留学ニュース.COM)

留学ニュース.COMさんにて、アメリカの教育に関しての記事が紹介されていました。(3月18日記事)

転載元: http://www.ryugaku-news.com/news_zNNvHo6pg.html?recommend

下記、記事の転載になります。
※転載不可でしたらご連絡ください。早急に削除します。



どこの国でも学力低下に関して問題視をされているようですね。
発展途上国の教育が進めば、現在の先進国ではよりこういったことが取り上げられていくのではないでしょうか?


下記、転載になります。


教師の立場をもっと強くすべき? (アメリカ教育)


■教師の立場
国際学力テストでの学力低下が懸念されているアメリカだが、今度は教師の立場についても議論になっているようだ。Southern California Public Radioが報じている。


■昇給も?
アメリカ国内では教師の待遇や立場を改善すべきという見方があるようだ。質の良い教師の採用、教師の教育、昇給などがU.S. Department of Education conferenceで議論されたそうだ。

アメリカ学生の国際学力テストの成績は読解力が15位、理科系科目が19位、数学が27位と学力の低下が懸念されている模様。今回の議論が生徒の学力改善につながるとよいが、空振りに終わるのだけは避けたいところだ。



リンク:Southern California Public Radio
スポンサーサイト

| 留学情報 | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ryugakukaigai.blog89.fc2.com/tb.php/219-207a5f27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。