元留学カウンセラーが伝える留学会社の選び方や留学業界の全て

留学カウンセラーとして働いた経験から留学会社の選び方、留学業界の実態、自分で留学を手続きするためのヒントなどを紹介しています。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おしゃれな留学は過去…韓国、年10万人が比留学(iza)

ブログで楽しむニュースサイト「iza」にてフィリピン留学に関しての記事がありました。

フィリピン留学、最近すごい露出が多いからか勢いを感じますね。かつてのフィジー留学のように。
間違っている知識だったら訂正欲しいですが、フィジーの場合は一つの留学会社が、フィジーの高校か中学の校舎を刈り取り、フィジー政府公認の元、運営していますよね。
その留学会社を立ち上げた創業スタッフが離脱したからか、一社でしか展開していないからか、など理由は分かりませんが、フィジー留学はかつほど露出がなくなってきている気もします。

一方フィリピン留学は、色んな経営者が学校を設立していますよね。
韓国人経営者もそうですし、日本人が経営している学校もありますね。

色んな企業や個人が学校経営に参加するから、競争も生まれて質も向上するということなのでしょうか?
いや、完全に想像で書いているだけですからね。


私の中でのフィリピン留学のイメージは、マンツーマンレッスンや長時間の授業時間でがっつりやりたい人には、費用対効果が抜群かと。

基礎学力が足りない段階で留学を試みる人は少なくないので、そうなると結局文法や語彙力の勉強になるんですよね。そうするとどれだけ英語に触れたか、どれだけ勉強したかだけですから、その点は学校側が学習に付き合ってくれる時間が長ければ長いほど、上達は早いかと。

特に、日本で基礎学力を身につけてこれなかった人は、自分一人では頑張れない人かもしれないので、尚更、1日5時間の授業以外は自由!という環境よりかはいいかもしれませんね。
この記事を見る限り1日12時間英語漬けと書いてありますし。


もちろん、英語の学習だけが目的でなく、行きたい国に住んでみる、暮らしてみる、というのも留学の魅力なので、そのあたりは自分の理想のバランスを見つけられたらいいと思います。

フィリピンで3ヵ月~6ヶ月英語を学んで、そのあとに行きたい国にワーホリ、とかもできますしね。




下記に、記事の一部貼りつけしておきます。

転載元:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/507691/
※転載不可でしたらご連絡ください。早急に削除します。


≫ 続きを読む

| 留学情報 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6/6(水)アメリカ大学・大学院留学説明会のお知らせ(フルブライト・ジャパン)

フルブライト・ジャパン(日米教育委員会)の広報ブログにて、説明会の告知がありましたので、こちらでも情報を載せさていただきます。

転載元: http://fj-news.net/article/202052622.html
転載不可でしたらご連絡ください。早急に削除します。


≫ 続きを読む

| セミナー/イベント情報 | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドイツの留学情報サイト

ドイツの留学情報サイト「あっとベルリン」ってご存知ですか?

WEB: http://www.atberlin.net/
Twitter: http://twitter.com/#!/atberlintw

≫ 続きを読む

| 留学情報 | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キラ☆ペラ親子留学 ニュージーランド・現地生活体験ツアー開始!(Union Platz International)

女性のための留学プログラム「ピリ辛留学」プログラムが持つエージェントさんが、タイトルの通り現地生活体験ツアーを開始するという記事があったので転載します。

転載元: http://media.yucasee.jp/r/detail/68926?showspecial=true
転載不可でしたらご連絡ください。早急に削除します。

≫ 続きを読む

| 留学情報 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[学びネット.com]に韓国語会話教材「できる韓国語」リリース!(アスク)

タイトルの通り、韓国語会話教材がリリースされたようです。
無料体験IDも公開中とのことなので、興味がある方はリンクを辿ってみてください!

転載元: http://japan.cnet.com/release/30002917/
※転載不可でしたらご連絡ください。早急に削除します。

≫ 続きを読む

| 留学情報 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。